生理前の茶色いオリモノの原因や病気や臭いの対処法

スポンサーリンク

生理前の茶色いオリモノの原因や病気や臭いの対処法

生理前のこの時期のおりものは、無色透明または白っぽいものが多いようです。やや粘りがあるのも特徴のひとつです。ニオイがあっても、少しなら問題ありません。しかし、茶色のおりものがでた場合は少し注意しましょう。生理前にでる茶色のおりものの原因、また対処法を確認しておきましょう。

生理前や生理中の辛いとオリモノが増える傾向

女性にとって生理は非常に大切なものですが、憂鬱なものでもあるのも事実です。生理中は食欲が抑えられず体重が増加したり、また肌荒れやむくみに悩む人も少なくないでしょう。お腹や頭が痛くて、立っていられないほどの人もいます。

また生理が始まる1~2週間前から体調が変化することもあります。この時期、心はイライラとし落ち着きがなくなったりしがちですが、身体も徐々に生理に向けて変化していきます。胸がはって痛かったり、熱っぽくなることもあるようです。そして、おりものが増える傾向にあります。

おりものとは妊娠をしやすくするためのもの

女性はおりものと長く付き合っていかなければならない運命にあります。ですので、おりものについて、よく知っておく必要があります。

おりものには二つの役割があります。ひとつは、妊娠しやすくするための潤滑油としての役割です。普通、精子が、強い酸性の子宮の中に入ると、卵子にたどり着くまでに死滅していまいます。

しかし、おりもののおかげで精子は強い酸性から身を守り、卵子に到達しやすくなるのです。卵子と精子が出会い受精することができれば、妊娠が成立します。そのためにおりものが必要なのです。

おりものは至急内部を清潔に健康に保つため

膣の中や子宮内部を健康に保つための役割です。おりものが、外部から侵入しようとするいろいろな菌を阻みます。もしこの性質がなかったら、私たちはすぐに様々な病気に感染してしまうでしょう。

下着が汚れたり、不快感を感じることも多いおりものですが、このように女性にとって重要な役割を担っている大切な存在なのです。

おりものが水っぽいのは生理終了後

女性の生理周期に合わせて、おりものの形状は変化していきます。さまざまな時期のおりものの特性を知っておきましょう。
無色透明で、粘り気の少ないサラサラとしたおりものは、一般的に生理終了後に多く見られます。水っぽいので、不快感も少ないでしょう。

生理後から排卵前のオリモノは卵白のような白っぽい感じ

そして生理が終わりしばらくするとおりものが徐々に増えていきます。白色やクリーム色のことが多く、粘り気も少なめです。ニオイもほとんどありません。これが排卵前のおりものの特徴です。
排卵期のおりものは、無色透明でやや粘り気があります。量的にはこの時期が一番多いでしょう。ニオイはほとんどありません。卵の白身のような、ドロっとした強い粘り気のあるおりものが出たら、排卵間近です。最も妊娠しやすい時期といえるでしょう。

排卵後から生理直前になると臭いが臭いオリモノがでる

排卵が終わると、おりものの量は減ってきます。粘り気も減ってサラサラしています。しかし生理直前になると一気におりもの量が増え、ニオイもきつくなります。
生理周期に合わせてこのような色やニオイの経過をたどるのが普通で、これらのおりものは何の問題もありません。
問題は茶色のおりものがでたときです。では茶色のおりものがでる原因を探っていきましょう。

茶色のおりものはなぜ出るのか原因と対処法

茶色のおりものがでて困惑したことは女性なら誰しもあるでしょう。生理前にそのようなおりものがでるという人も少なくありません。

一般的に茶色のおりものの原因は以下のようなことが考えられます。

生理前の自律神経が乱れ体調が悪くなると茶色いおりものが出る

体調不良です。生理前に体調が悪くなるのは、自律神経が乱れるからです。そして免疫力が低下し病気になりやすくなります。おりものの色もピンクや黄色、茶色に変化します。生理前はしっかりと睡眠を取り、出来るだけゆっくりと過ごすように心がけましょう。体調が戻れば、自然とおりものの色も通常に戻るでしょう。

さらにストレス過多です。女性はももともとストレスを受けやすい性質にありますが、生理前は特に情緒不安定になっているため、普段よりもストレスがかかりやすく、また溜め込みやすい状態になっています。

ストレスを抱えることで自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れやすくなります。そうするとうす茶色のおりものが出ることがあります。生理前は自分を少々甘やかして、ストレスを抱え込まないように注意しましょう。前もって自分に合ったストレス発散方法を考えておくのも良いでしょう。

子宮内出血や不正出血が茶色いオリモノの原因

子宮内出血です。何らかの原因で子宮内が傷つき、その血液がおりものと混ざって体外に排出されているのです。原因は医師でないと判断できないので、生理が終わっても出血が続く場合は、一度産婦人科を受診するようにしましょう。

不正出血は、生理期間ではないのに、まるで生理が始まったかのような出血をすることです。

ホルモンのバランスが乱れると起こりやすとされていますので、ゆっくりと過ごしていれば次第に治まるでしょう。ただし、子宮頸がんや子宮体がんのような重篤な病気による可能性もあります。

いつまでも不正出血や茶色のおりものが続く場合は自己判断せず、医師による診察を受けるようにしましょう。

まとめ生理前の茶色いオリモノはストレスか病気かも

このように、おりものは女性の身体と非常に密接な関係があります。健康状態を知るための判断材料となりますので、日頃からおりものの色やニオイ、その形状に注意しておきましょう。それは身体からの大切なサインです。見逃さないようにしましょう。

病気じゃなくて匂いが気になる人は膣内洗浄などを試してみては?

アマゾンでベストセラー1位商品を紹介しておきます

あなたにおすすめの記事