妊娠検査薬の使い方やフライング検査の陽性が出る理由

スポンサーリンク

妊娠検査薬の使い方やフライング検査の陽性が出る理由

赤ちゃんを待ち望んでいる方、または急に生理が来なくなってしまった方。もしかして望まない妊娠してしまったと思った時に、使用するのが妊娠検査薬ですね。正しい判別結果を示すために、正しい使い方を理解しましょう。

妊娠検査薬は薬局以外でどこで買えばいいの

病院に行く前に、妊娠しているかどうかを事前に判別できる便利なものです。

最近では値段も安価で、どこでも手軽に購入することができます。薬局の店頭で購入するのに抵抗がある方でも、インターネットで自宅に直接届ける方法もあります。

でも、初めての使用はドキドキして緊張するのですし、恥ずかしい気持ちでいっぱい。誰かに見られているかもと思うとなかなか買えなくてずるずるそのまま放置してしまうケースも多いです。

まずは、ネット通販ですぐに買ってみることをおすすめします。

どうして妊娠検査薬で妊娠してるかどうかがわかるの?

まず、妊娠検査薬の仕組みについて理解しておきましょう。妊娠検査薬は、妊娠すると分泌される「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンに反応して、結果が示されます。

「hCG」とは、受精卵が子宮に着床し、胎盤が作られ始めると同時に分泌されるホルモンで、妊娠初期からすでに分泌され始めます。

妊娠検査薬はメーカーによって若干の誤差はありますが、一般的なものはhCG濃度が50mIU/mL以上に達していれば「陽性(妊娠している)」、それ未満であれば「陰性(妊娠していない)」と判定が出ます。

いつから妊娠検査薬は使えるの?

一般的な妊娠検査薬は、生理開始予定日の一週間後から使えるといわれています。

尿中のhCG濃度が50mIU/mLを超すのがその頃で、生理予定日では人によっては反応が出る濃度に達していない場合もあるからです。

フライング検査で陽性反応が出てしまうタイミング

生理開始予定日の一週間後より前に検査をすることをフライング検査と言います。

場合によってはフライング検査でも陽性反応が出ることがありますが、フライング検査で陰性反応が出た場合でも、その後陽性反応が出ることも十分にありえますので、フライング検査には要注意です。

妊娠検査薬で流産に気が付き辛いストレスになることも

また、フライング検査で陽性が出た場合でも、その後、稽留流産(染色体異常などの原因により、無症状で気付かずに流産してしまうこと)になってしまうこともあります。

その場合は、もし妊娠検査薬を使わなければ妊娠に気付かず通常の生理と思っていたかもしれないのに、妊娠検査薬を使ってしまったために流産に気付き、心身にストレスを負ってしまう可能性もあります。

もし稽留流産になっても、その大半は胎児側にありママのせいではありません。必要以上に自分を責める原因になってしまいかねないので、フライング検査がお勧めできない理由のひとつでもあります。

妊娠検査薬の使い方

妊娠検査薬の使い方はとっても簡単!尿をかけるだけですぐに判定結果がでます。でも、事前に使用説明書をよく読み、正しく使用しましょう。

まず、妊娠検査薬の尿吸収体に全体的に尿をかけます。直接かけてもいいですし、紙コップに取ってから浸しても大丈夫です。種類によっては尿をかけたり浸したりする秒数が異なる場合がありますので注意してください。

次に、尿吸収体にキャップをし、水平なところに置いて約1分ほど待ちます。すると、判定窓に尿がしみていく様子がわかります。これも種類によって異なりますが、陰性、陽性の判定結果が表れる判定窓と、判定が終わったことを示す終了窓があります。

判定窓に何も現れず、終了窓に線が現れれば、陰性ということになります。判定窓に線が現れれば、陽性です。判定窓にうっすら線が現れた場合は、hCG濃度が薄いか、蒸発線と呼ばれる誤判定の際に現れる線の可能性もありますので、数日後再度検査をしてみてください。

妊娠の陰性と陽性のチェックの精度は99%

市販されている妊娠検査薬は、ほぼ99%の確率で妊娠しているかを判別することができます。

hCGホルモンが分泌されるのは通常は妊娠しているときのみだからです。ですが、ごく稀にですが、例外の可能性もあります。その可能性を紹介します。

妊娠検査薬で妊娠していないのに陽性になる例外

陽性反応の可能性・・・正常妊娠、子宮外妊娠、進行流産、稽留流産、不妊治療中のホルモン投与の影響、中絶の直後、卵巣がんなどの悪性腫瘍、などです。

いずれにしても陽性反応が出た場合には、必ず病院に行きましょう。でも、正常妊娠の場合には、フライング検査で陽性が出た場合には、妊娠6週未満では胎嚢や心拍が確認できない場合があるので、6週を過ぎてから病院に行くようにしたほうがいいです。

陰性反応の可能性・・・妊娠していない、妊娠初期すぎてhCG濃度が薄い、水分の取りすぎ等により尿中のhCG濃度が薄まっている、などがあります。

陰性反応だからと言って、妊娠していないとは限らないのです。妊娠検査薬を使用してしばらくしてもまだ生理が来ない場合は、再度使用してみてください。あるいは陽性反応がでる場合もありますよ。

2人目妊娠の時の妊娠検査薬の使用のタイミング

初めての妊娠検査薬とは少し話題がずれますが、2人目の妊活を始めるときに、覚えておきたいポイントを1つ。

一人目を出産した後に生理が再開するタイミングは人それぞれ。早い人は2ヶ月後には再開したという人もいるし、1年たってもまだ生理が来ない人もいます。

もし、年子を望んで妊活した場合、前回の排卵日が分からないので、いつ妊娠検査薬を使えばいいのでしょうか。

一般的には、行為の3週間後には判定できます。もし妊娠をしていたら、行為の3週間後には、妊娠検査薬が反応する、hCG濃度50mIU/mL以上に達します。覚えておくと役に立つかも!?

妊娠検査薬はかんたんに使えるからこそしっかり使い方を理解

妊娠検査薬は非常に手軽で妊娠を望む女性にはなくてはならないものです。使い方も簡単ですので、ポイントを押さえて正しく使いましょう。あなたの望む結果が示されることを祈っています。

アマゾンで人気かつ定価の半額で2回分ついてくる妊娠検査薬を紹介しておきます。男性が店員だとはずかしいですものね。ネットなら安心して変えます

あなたにおすすめの記事