デリーケートゾーンの黒ずみの原因と消し方かゆみと臭いのお手入れ

スポンサーリンク

f:id:nayamelcafe:20160621214552j:plain

バストやヒップの形がキレイな方が良いのと同じで、デリケートゾーンもやっぱり見た目もキレイな方が良いですよね。

デリケートゾーンのお手入れケアはどうしたらよいのでしょう。デリケートゾーンで見た目でどうしても気になってしまうのが肌の黒ずみです。

デリケートゾーンは黒ずみ以外にもかゆみや臭いも気になる

デリケートゾーンは女性にとっては「かけない」「気にしているそぶりを見せられない」非常に「デリケート」なパーツであり、また実際に粘膜が多くて敏感なパーツということもあり、「デリケートゾーン」と呼ぶようになったのではないでしょうか。

ビキニラインは、水着や下着を下半身に着用した際に、正面から見て、布地と肌の露出部分との境界となるV字形の部分を呼んでいます

何かとトラブルになってしまうことが多いデリケートゾーン。デリケートゾーンの黒ずみにひどく悩んでいるという声をよく耳にします。

かゆみや痛みなどが起こってしまうと気になってしまうのは当たり前なのですが、ニオイや黒ずみも女性なら気になってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみの原因として何があるでしょうか

誤ったボディケアで肌を痛めると黒ずみとなります。これは皮膚が角質を厚くすることで刺激から守ろうとするからです。デリケートゾーンの皮膚は薄いので、特に刺激に弱いのでしょう。

デリケートゾーンっていうのは、もともと下着との摩擦や圧迫、乾燥によって黒ずみができやすいパーツです。

デリケートゾーンは、黒ずみができやすいのです。でも黒ずんでいると、水着を着るときや温泉に入るときに人の目が気になったり、男性から遊んでいると思われそうです。

それでは、デリケートゾーンの黒ずみの消し方をまとめます

ビキニラインの黒ずみの消す方法や改善する方法

  • 色素沈着に効果的な成分が入っているクリームやローションを使いましょう。
  • 同じく色素沈着に効果的な美白系サプリメントを飲みましょう。
  • 脇のムダ毛処理時は、極力肌にダメージを与えないように配慮しましょう。
  •  デリケートゾーンの保湿を行いましょう。

最初は体感できなくても、時間がかかりますので途中でやめないことをおすすめします。

要するに、「色素沈着に効果的な成分」と「保湿効果のある成分」が配合された美容製品を選び、「美白系サプリ」を飲んで中からサポート、それを続けることです。

具体的にみていきます。

保湿でしっかり敏感な肌を守る

まず、しっかり保湿しましょう。
ボディクリームなどを粘膜部分以外のところへ塗布ししっかり保湿しましょう。ボディクリームなどがない場合は、顔につける化粧水や乳液、クリームなど保湿性の高いものでも代用が可能です。

日々の生活で刺激や摩擦によるダメージを受けているデリケートゾーンは乾燥しがちです。

お肌が乾燥すると固くなり肌荒れの原因となり、さらに黒ずみを悪化させます。特に脱毛後や締め付けのきつい下着を着用した後などは、いつもよりデリケートゾーンに強いダメージを与えるので、しっかり保湿することが黒ずみ予防になります。

デリケートゾーンのにおいの悩みの消し方

デリケートゾーンのお悩みで黒ずみと同じぐらいよくある悩みが「におい」です。においが気になるあまり、ナイロンブラシに石鹸をつけてゴシゴシお手入れしてしまうことがあります。

デリケートゾーンは、常在菌の自浄作用により弱酸性の状態をキープし、雑菌などの発生を抑えています。あまりボディーソープなどでゴシゴシ洗ってしまうと、常在菌も殺してしまい、逆ににおいやかゆみが発生してしまいます。洗い方に注意しましょう。

ナイロンブラシの刺激によっても黒ずみが増すこともあります。デリケートゾーンは優しく泡立てた弱酸性の石鹸で軽く洗う程度で、綺麗に清浄でき、黒ずみの原因となる古い角質や毛穴の汚れも取り除くことが可能です。

肌の新陳代謝を促す生活習慣を心がけましょう

新陳代謝が崩れていると、黒ずみが蓄積していくことになります。バランスのいい食事と、規則正しい生活を心がけましょう。

海外製の商品は日本人の肌には成分が強すぎて、塗るとヒリヒリしたりするトラブルがありました。

近年では、国内でもビキニラインの脱毛が流行ってきたことで、日本製のデリケートゾーン用美白化粧品も販売されているため、以前よりもデリケートゾーンのケアがしっかりとできるようになっています

デリケートゾーン用の美白クリームを使用しましょう

ビキニラインのセルフ処理方法には色々とありますが、デリケートな部分だけに、自己処理をする場合は注意が必要です。

このように黒ずみはホワイトニング+保湿成分の入ったクリームやローションで対策するのが定番ですが、石鹸も効果が期待できます。

ただし、石鹸ですとそのままお肌に吸収させる事が出来ないので、単体で黒ずみを解決するのには適していません。

どちらかと言うとサポートの役割で使うのがベストです。この場合、石鹸が黒ずみの原因となる汚れを取り、お肌を守り、ニオイ対策までしてくれるので、非常に効果的と言えます。

専用クリームやローションと石鹸を併用すれば、黒ずみに対し更に大きな効果を上げることが出来ます。

ビキニラインの脱毛処理の注意点

最後に、ビキニラインのセルフ脱毛時の注意点としては、ビキニラインを処理する場合は、負担の少ない方法で処理するようにしましょう。

カミソリでの処理は、刃を肌に当てて剃るので、ムダ毛とともに皮膚表面を傷つけます。

敏感肌の方はカミソリ負けで肌が赤くかゆみがでやすいので注意が必要です。カミソリは皮膚の角質層を傷つけるので、電気シェーバーの方がオススメです。

また、カミソリでの処理や毛抜きやワックスなどで抜く方法は、抜く時に毛穴に繋がる毛細血管を傷つけてしまいます。炎症がおきて毛嚢炎になってしまったり、毛穴表面を皮膚が覆って埋没毛になる可能性があります。

欧米では以前から女性のマナーとしてアンダーヘアの脱毛は普通でしたが、日本ではそれほど普及していませんでした。

しかし、最近では下着や水着からハミ出すアンダーヘアがカッコ悪いという理由や、アンダーヘアを脱毛すると、生理中の不快なムレやニオイが軽減されるということで、脱毛をする女性が急増しています。

デリケートな部分なだけに、細心の注意を払って処理をするようにしましょう。
もし自己処理を行ってトラブルが発生したら、自分で何とかしようとせず、早めに皮膚科のドクターに相談するようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみは誰にでもある

以上のように、大前提として黒ずみは誰にでもあります。それでも少しだけでも黒ずみを解消するために取り入れたいのが、デリケートゾーンのお手入れケアというわけです。

毎日顔のスキンケアをするように、デリケートゾーンのお手入れも行うようにすると、気になる黒ずみ問題も緩和されていくようです。

黒ずみは誰にでもあります。それでも少しだけでも黒ずみを解消するために取り入れたいのが、デリケートゾーンのお手入れケアというわけです。

デリケートゾーンの黒ずみも乳首の色も、このメラニン色素が深く関係しているのです。

そもそもなぜメラニン色素で肌が黒ずんでしまうのかと言うと、実はメラニン色素は顔や手や足など、どこの部分の肌の奥にも存在しているのです。

メラニン色素は本来、紫外線から肌を守るために、紫外線を浴びた時に作られるものなのですが、デリケートゾーンや乳首や脇はもともとメラニン色素の活動が活発で、下着や衣服に肌が擦れてしまうと、肌を守ろうとしてメラニン色素が肌の表面に出てきてしまうのです。

夏に海水浴やプールに行ったりして、日焼けを経験されたことはほとんどの方があると思うのですが、この日焼けも紫外線が肌の奥深くに入ってくるのを防ごうとして、メラニン色素が肌を守ってくれてるため、肌が日焼けして茶色くなってしまうのです。

デリケートゾーンが下着に擦れてしまうだけで、肌を守ろうとメラニン色素が作られてしまうのです。

あなたにおすすめの美容記事