ビデの使い方や生理時の使い捨てビデで生理の臭いを防ぐ

スポンサーリンク

ビデの使い方や生理時の使い捨てビデで生理の臭いを防ぐ

生理痛やナプキンのかぶれなどビデの使い方で嫌な匂いなども防げます。こまめに使うことで不快な生理ともだいぶ楽に付き合えるようになります。

10代の中頃から40代、50代まで、女性と生理は人生の中でも特に長い付き合いになる事柄です。生理痛やホルモンバランス変化による体の不調等、この厄介事は生理がある期間、人生の4分の1程女性につきまといます。

生まれながらの体質にもよりますが、その長い時間を不快感に苛まれるのは苦しいものです。

そういった生理痛や生理に関わるトラブルは少しのケアで軽減する事ができるのをご存知でしょうか。手軽にできるビデと膣内洗浄についてご紹介いたします。

ビデを使うとナプキンかぶれや嫌な臭いの対策になる

生理中、特に辛い事の一つに生理用ナプキンのかぶれや蒸れ、それによって発生する臭いがあります。デリケートゾーンは生理用品によりどうしても通気性が悪く、湿度が高くなってしまいがちです。

特に経血の多い日や体質的に量が多い方はトラブルに見舞われる事も多いのではないでしょうか。

生理臭と呼ばれる臭いは、湿度が高い状態でインナーが密着しているナプキンや肌に雑菌が繁殖し発生している場合があり、デリケートゾーンを清潔に保つことである程度の解消が見込めます。

臭い対策はかんたんビデを使ってこまめな洗浄

職場や出かけ先で手軽にできるケア方法として、お手洗いにあるウォシュレットのビデを使ってみて下さい。

トイレットペーパーやウェットティッシュでは、経血自体を拭き取る事ができても付いてしまった汚れを落としきる事は難しいです。

湿度が高い状態でインナーが密着していたデリケートゾーンは、非常に傷つきやすく敏感な肌質になってしまっている為、強く拭き取ったり刺激のある除菌ティッシュ等を使うのは好ましくありません。

ビデを使えば部分的に洗浄ができ、肌を傷つける事無く汚れを落とす事ができます。

日での使い方はとってもかんたんデリケートゾーンを濡らすイメージ

ビデの使い方ですが、特に強い水圧で長時間洗い流す事を意識する必要はありあせん。
経血の付いてしまったデリケートゾーンを濡らすイメージでしばらく流した後、トイレットペーパーで優しく水分を吸い取ります。

ビデを使う事で拭き取りきれない汚れの除去と、臭いの軽減、不快感の緩和が見込めます。

生理痛と長期続く経血漏れへの対策

生理痛は体質にもよりますが女性であれば多かれ少なかれ悩みの種となっているものです。

特に寒い時期や体調不良の時、生理痛が重い方は体が動かせなくなるほどの激痛に見舞われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、その月のストレスやホルモン状態によって月経不順や少量の経血がずっと出続けてしまうような事も経験がある方もいらっしゃるかと思います。

生理痛は月経中に不要となった子宮内膜を排出する生理現象なので、その不要物が全て出し終われば自然と終わります。

つまり、ずっと座りっぱなしで同じ姿勢が続いたり、タンポン等により経血を出さないアプローチをしてしまえば長引き、ひいては体調不良の原因ともなります。

生理痛対策は膣内洗浄で経血の出をスムーズに

経血を出さない事で生理痛や月経を延ばしてしまうのであれば、経血をスムーズに出すようにケアする事で、終わる時期を早める事もできます。

ビデと呼ばれる物の中には、膣内を洗浄する為のアイテムがあります。
このビデは、生理の終わり際に膣内に残ってしまった経血を洗浄する事を目的としている物が多いです。

生理中であっても、膣内に溜まって拭き取りきれない経血を洗浄してあげる事により、清潔を保ち経血の出をスムーズにしてあげる作用もあります。

中には持ち歩ける使い捨ての携帯用ビデも販売されており、出先で不快感を感じた時や特に経血が多い日に手軽にケアする事が可能です。

ビデを使う際の注意点

ビデを使えばデリケートゾーンや膣内を清潔に保ち、生理痛や生理の終わりを早める事ができますが、使用の際にはいくつか気をつけなければならない点があります。

膣内には雑菌の繁殖を抑える善性の菌がいて、膣内環境を整えアルカリ性に保つためのおりものが分泌されています。

それを洗い流し過ぎてしまうと、かえって外からの雑菌から守る免疫バランスが崩れ、病気や炎症の原因となってしまう事もあります。

水や石鹸で独自の膣内洗浄はせず、携帯用ビデを月に2~3回使用する事が推奨されます。
また携帯用ビデは1度きりの使い捨てビデとなっている事が多いので、何度も使う事はせず、雑菌の混入を防ぐ為にも使用方法をよく確認の上利用されるようにしてください。

ビデを使って不快な生理との付き合あっていこう

生理をわずらわしく思うのは女性であれば誰しも共感できるものかと思います。ただ、女性らしさを保ち子供を授かる為にも避けては通れないものです

誰かに相談し辛い話題ではありますが、痛みやトラブルを一人で抱え込むには辛く長い付き合いになるものですので、適切なケア方法を知り上手に付き合っていく事が大切です。

痛み止めを飲んだりお金を掛けてインナーにこだわるもの一つの方法ですが、ビデの使い方を知る事や携帯用ビデを持ち歩く等、ちょっとしたケアで解消できるトラブルもあります。

体に負荷をかけず付き合っていくためにも、正しいケア方法を知る事は重要です。

アマゾンで口コミ★4つ以上やベストセラーのビデを紹介しますのでまずはこちらから利用してみてはいかがでしょうか

あなたにおすすめのデリケートゾーンの記事