更年期障害の症状や原因は生理が終わる40代や50代から

スポンサーリンク

f:id:nayamelcafe:20161020201801j:plain

更年期障害という言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?20代の女性などが冗談でわたし更年期障害かも!なんて言っている姿も時々見かけます。

更年期とは具体的にいつのことを指しているのでしょうか?また、更年期障害とはどのようなことが原因で、どのような症状が出るのでしょうか。

ここでは知られているようで、意外にもその詳細をきちんと知られていない更年期障害についてご説明したいと思います。

更年期はいつ?40代~50代

一般的に45~55歳頃を更年期といいます。

45~55歳頃の女性は閉経を迎える、家族の介護がはじまるなど、自分を取り巻く環境がそれまでと変わりはじめ、身体にも心にも大きな変化が訪れる時期だといわれています。

更年期の症状でどのような身体の変化があるの?

それではまず、更年期にはどのような身体の変化がおきやすいのでしょうか?

  • 更年期障害の症状としては
  • 何もないのにいつもイライラしてしまう
  • 暑さを感じていなくても汗が出る
  • 寒くないのに手足がいつも冷たい
  • めまいがする
  • 生理不順や生理がこない
  • なぜかいつも眠れない
  • 原因不明のめまいがする
  • 以前に比べて疲れやすくなった
  • 動悸がする

などさまざまな症状が知られています。

更年期障害の原因は?ホルモンバランスの変化が関係しているの?

更年期障害には、エストロゲンというホルモンが深い関係があることで知られています。

エストロゲンとは女性ホルモンの一種です。エストロゲンは月経を起こしたり、妊娠しやすい体にするなど女性らしい身体を作ることに関係しています。

閉経して生理が来ない、生理不順になるなどの症状も更年期の1つですね。

女性はエストロゲンが身体の中で正常に機能していることによって、健康的で女性らしい体つきを維持することができています。

更年期の女性はエストロゲンが減少してしまい、そのことが原因で精神的に不安定になることが知られています。

脳の視床下部には下垂体と呼ばれる部分があり、下垂体がエストロゲンの分泌をコントロールしています。

しかし更年期には、下垂体がエストロゲンを分泌するようにいくら信号を出しても、卵巣機能が衰えてしまっていて、エストロゲンが出にくいのです。

ですから下垂体はさらにエストロゲンの分泌を促すように信号を出します。しかし、エストロゲンの分泌がうまくいかない。この繰り返しにより脳が混乱をきたします。

視床下部は自律神経という身体の様々な機能を調整する部位を調整しています。そのため脳の混乱が自律神経に伝わってしまい、その結果、更年期特有の様々な不調が起きてしまうといわれています。

更年期障害の症状を緩和する方法はアロマ

アロマの香りを活用しましょう。

ラベンダー、カモミール、ビャクダン、ゼラニウム、などのアロマの香りはストレスを解消してくれたり、恐れや怒りを鎮めてくれる鎮静効果があるそうです。

その他にも不安を解消してくれる効果などもあるそうです。ですからこれらの香りをかぐと、身体や心の状態を落ち着かせ、リラックスした状態になることができます。

アロマを使用したことがないと、敷居が高く感じますよね。アロマディフューザーも数千円~数万円するものがあり、どれを買えばいのか迷ってしまいます。

アロマオイル自体も1本1000円くらいしますし、決して安い買い物ではありません。ですから迷っているうちにまあいいや、なくても生活できているし。と思って買わずに過ごしてしまうことも多いですよね!

アロマオイルを生活に取り入れるために、いきなりアロマディフューザーを買う必要はありません!

お気に入りのアロマオイルを見つけたら、そのアロマオイルを少量ハンカチなどに付けて持ち歩くようにしてください。外出先でイライラやめまいなど更年期障害の症状が収まらなくなった時に、ハンカチにつけたアロマの香をかいで、いったん心を落ち着かせましょう。

更年期のイライラを鎮めてくれるのは朝日を浴びること

更年期のイライラを沈めてくれる効果がある物質としてセロトニンという物質が知られているですが、このセロトニンは朝日を浴びることで分泌が活発になるということが知られています。

ですから朝起きたときに元気がでなくても、カーテンを開けるように心がけましょう。

無理にがんばる必要はないです。ですが、少しずつできることをしてみることで、今の辛い更年期障害の症状から少しずつ開放されていくかもしれません。2日に1回でもいいので、朝起きたら朝日を浴びるようにしてみてください。

男性も更年期障害に苦しむのです女性だけじゃない

更年期障害と聞くと女性の病気だという印象が強いかと思いますが、男性にも更年期障害はあります。

これは、男性ホルモンの産生が高齢になると低下することが原因です。

男性も40代後半から50代前半くらいになると、性欲が低下したり、汗をかく安くなった、ほてりを感じるようになった、寝汗がひどい、疲労感が抜けない、うつのような症状に苦しむなど様々な症状が現れる方がいます。

更年期障害が女性だけのものだと思っていると、これらの症状がなぜ起こるのかわからず、ずっと原因不明の体調不良に苦しむことになってしまいます。

今までの自分と違う。と感じる身体や心の変化が現れたら、一度病院にいって相談をしてみてください。

更年期障害の症状や原因のまとめ

更年期障害に苦しんだことがない方には、更年期障害の苦しさはわかりません。

冗談でもあのひと更年期障害じゃない?という言葉は絶対に言わないようにしましょう。

あなたが悪気なく軽々しく発した言葉が、誰にもいえない苦しみを抱えている人を追い詰めてしまうことがあるからです。

更年期に相当する年齢の頃には、大好きな親との死別や、一生懸命育ててきた子供たちの独立でとても寂しい思いをしている方が多いのです。

他にも、家族の介護が始まる方もいます。定年をする旦那との2人きりの生活が始まり混乱をする人もいます。男性の立場からすれば、定年を迎えて日々に張り合いを感じられなくなる方も多い年齢です。

ですから他人にはわからなくても、気づかないうちに本人が不安や悲しみなどのストレスを抱えている場合が多いのです。

更年期障害かな?と思ったら、一人で抱え込まずに病院に行き、医師に相談をしてみるようにしてください。

あなたにおすすめの女性の悩み記事