目薬がしみる原因はドライアイだった?角膜が傷ついているかも

スポンサーリンク

目薬がしみる原因はドライアイだった?考えられる目の病気

目薬を差すと目にしみる。潤すためにめぐすりをさしているのに。。まさか目の病気!?と思ったあなたドライアイや目の傷などの病気が原因かも

パソコンで疲れた目に目薬を指したらしみて痛い

長時間パソコンやスマートフォンを使用すると目が疲れますよね。とっても便利なツールですが長時間の使用により目を酷使し、眼精疲労・ピント調節機能の低下・ドライアイ等様々なリスクも伴います。

そんな現代人の悩みを解決し、快適な生活のサポートをしてくれるのが目薬。し

かしこの目薬をさすことによって「痛み」を感じた経験を持つ方も多いのではないでしょうか?

「目薬を差した後グッと目をつぶり、しばらく開けられない。」その状態、本当に大丈夫ですか?

今回は本来目を保護するための目薬が何故しみるのか?原因や病気について紹介します。

ドライアイになる原因は眼球が乾燥する

目の表面の乾燥により傷などが出来てしまうドライアイが、目薬がしみる原因として考えられる原因の1つとしてよくいわれます。。

ドライアイの症状は簡単に言うと、「目が乾燥して眼球の表面に傷がつきやすくなっている」状態です。

人間の目の中では通常、少量ずつ涙が分泌されレています。その涙が薄いバリアとなり目全体(角膜・結膜)の表面を覆って保護しています。

コンタクトなどで人口涙用の目薬があるのは、コンタクトをしていると瞬きが減ったり、乾燥しやすくなるためです。

目が乾く原因はパソコンやスマホをじっと見て瞬きが少なくなる

長時間液晶などをみてまばたきが少なくなると、自然と涙の分泌量も減り、目全体が渇き目の表面に傷が出来やすい状態に。

慢性的な疾患で酷くなると睡眠に違和感を感じたり視覚調整機能にも影響を及ぼすといわれています。

現代人の生活環境の変化の他に高齢化、エアコンの使用による乾燥、コンタクトレンズの装着者増加によりドライアイの患者さんも増えているといわれています。

目の乾きを感じたら適度に休憩をとるなどして目を休める事も必要です。

自分が思っているよりも刺激の強い目薬を使用している

人はそれぞれ痛みを感じるレベルが違います。他の人には爽快に感じられる目薬も自分にとっては刺激が強すぎる場合も。

最近は眠気覚まし目薬といって爽快感の高いタイプの目薬から無添加・防腐剤フリーの低刺激な目薬まで様々な種類が販売されています。

市販の目薬を使用する際には成分表をよく確認するようにしましょう。

目薬には防腐剤が含まれているものがほとんどです。空気中のごみや、点眼時にまつ毛などが付着して菌が混入を防ぐために大切なものですが、同時に傷ついた角膜をさらに攻撃してしまう可能性があります。

ドライアイの場合は涙に近い成分の目薬を

実際の涙に近い浸透圧に調整してくれる成分を含んでいる「人口涙液」は、使用することにより自然な涙を分泌したような状態となり、角膜への刺激が少なくなります。

さらに保湿効果の高いヒアルロン酸を配合している目薬にはより長く角膜に潤いを与える効果があり角膜周副作用も期待出ます。人口涙液と比べ蒸発しずらいので頻回な点眼は必要ありません。

普段使っている目薬がしみるというかたは成分表をよく確認し、防腐剤の使用されていない目薬を試してみるのもお勧めです。

目の疲れを取る目薬とドライアイの目薬を使い分ける

血管収縮剤を配合している目薬は目の充血は解消してくれますが目に潤いを与える作用はありません。

自分の症状に合わせ、成分表をよく見てから購入するようにしましょう。

目薬はしみているから効果があるわけではありません。

何度も繰り返し使用してもしみる場合には、一度使用を中断し眼科医に受診し診断を仰いでください。

コンタクトレンズや目をこすることにより目の表面に傷がつく

人間の黒眼の部分は角膜と呼ばれ、暑さが約0.5mmの非常に薄い透明な膜で覆われています。

コンタクトレンズはこの角膜の涙の層に乗せて使用しています。もともと角膜は空気に触れる機会が多く埃や手の刺激などで傷つきやすいとてもデリケートな部分です。

長時間コンタクトレンズを使用したり、強い紫外線を浴びた時、目を強くこすったとき等に傷がつくこともあります。

またドライアイの状態でコンタクトを使用すると、角膜に傷がついたり、無理に取り外そうとしてこすることで指先や爪先で傷をつけてしまうこともあります。

特にソフトコンタクトレンズや使い捨てレンズはレンズ自体が乾燥しやすく、角膜も乾燥しやすいです。

コンタクトレンズ自体の水分含有率の高いものを使用するようにし、コンタクトレンズの長時間の使用、つけっぱなしでの睡眠は避けるようにしましょう。

切り傷を消毒すると傷口が痛むように、目に傷がついた状態で目薬を使用するとしみるという現象になります。目に傷がついた状態で目薬を使用すると例え低刺激タイプの目薬でもしみることがあります。

目薬がしみる原因はさまざまできるだけ早く病院に

目がしみる原因は人によって様々です。先述したとおり目薬がしみるからといって効果が高いわけではありません。しみるという感覚には個人差、目の状態によっても変化します。

目薬がしみるということは目に傷が付いている可能性もありますが、目を酷使する時間を縮めたり目を意識的に休ませることで改善する症状もあります。

しかし角膜に傷がついている場合はやはり専門医の適切な治療が必要です。「目薬が染みるのは当たり前=効果が高い」ではなく、少しでも違和感がある、又は充血や目やにが増える、目が腫れる等の炎症が起きるようでしたら早めに受診し専門医の診断を仰ぎ症状の悪化を防ぎましょう。

PC作業が多く目薬がしみたので別の目薬変えたら調子がいい

1日12時間以上PC作業をしていて、ブルーライトカットのメガネを使いながらも、ドライアイ気味。普段から使っている目薬がしみたので思い切ってちょっと高めの目薬を買いました。

理由は、知り合いのプログラマーが目を酷使しすぎて、白内障になり、片目が失明しそうになったから。

早いうちからしっかり目のお手入れをしていこうと思って使い始めたのがサンテメディカルガードEX

使い始めてからそういえば、目薬がしみることが減った気がします。言えようと会社用の2個使っています。

病院で処方してもらうのが一番安くていいんですが、めんどくさくてなかなか行けなし。もし興味があったら買ってみてはどうでしょうか。

乾燥や炎症、角膜修復や保護成分が配合されています。

あなたにおすすめの記事