不妊治療の種類や不妊検査方法や料金は保険は効くの?

スポンサーリンク

不妊治療の種類や不妊検査方法や料金は保険は効くの?

不妊治療を受けたい夫婦へにおすすめ不妊治療の種類や料金やまかな流れなどをまとめてみました。自然妊娠ができないと悩んでいる夫婦やカップルへ

不妊治療の前の不妊検査の診断方法について

まず最初に問診・視診・触診を行います。次に不妊検査を行います。

女性の場合には、生理周期に合わせて実施していきます。

また男性側の検査を行う場合もあります。その結果から不妊の原因を特定し、治療をすすめていくこととなります。

不妊治療は大きく一般不妊治療と高度生殖医療の2種類に分かれることとなります。

どの治療を行うかは、その検査結果を踏まえて検討するものであり、一般不妊治療から開始し、妊娠できない場合に高度生殖医療にステップアップする方もいれば、最初から高度生殖医療を受ける方も存在します。

一般不妊治療にはタイミング法やホルモン療法や人工授精などがあります。

タイミング法とは排卵日を予測して保険が適用出来る不妊治療

タイミング法とは基礎体温やホルモン値の採血、エコー、おりものなどにより排卵日を予測し、その前後で性交渉を行う方法です。

様々な情報によって排卵日が予測されるため、比較的正確な日を特定できるといわれています。費用も保険適用内で行え、大体2,000~20,000円となる場合が多いです。

ホルモン治療は女性ホルモンが足りないのを治療する

次にホルモン療法についてですが、排卵障害・造精機能障害・子宮内膜症・着床障害などの原因がある場合、妊娠を助けるホルモンを補ったり、足りないホルモンを補充する治療のことをさします。

ホルモン療法を行いながら、タイミング法や人工授精なども併用し治療していく場合もあります。こちらも費用は保険適用内で行え、大体2,000~20,000円となる場合が多いです。

人工授精は保険適応外が自然妊娠に近い不妊治療

最後に人工授精ですが、タイミング両方と同様に排卵日を予測しますが、細いチューブを使い精子を直接子宮に入れる方法のことをさします。

適応となるのは、タイミング療法で妊娠できない夫婦、原因不明の不妊、性交渉障害、精子機能の異常、女性が高齢などが挙げられます。

自然妊娠にちかい方法で、身体への負担も比較的少ないのも特徴といえます。費用は保険適応外となりますが、1~5万円程度で受けることができます。

高度生殖医療は卵管閉塞など40歳以上の女性の場合

高度生殖医療とは、一般不妊治療で妊娠ができない場合や、女性が40歳以上の場合、卵管閉塞がある場合などに適応となる治療法です。

一般不妊治療と比べて、身体的・費用などの負担が増えますが、自然妊娠が不可能な方にも妊娠の可能性があるといえます。具体的な治療法には体外受精・顕微授精・凍結胚移植などが挙げられます。

体外受精は受精卵を子宮に入れる治療法

まず体外受精ですが、それぞれ卵子と精子を採取し、受精を体外で行い受精・細胞分割した受精卵を子宮内に入れる方法のことをいいます。

卵子を育てる方法などは様々で、使用される薬や受診頻度によっても費用は異なりますが、大体20~70万円程度で受けることができます。

顕微授精は精子減少症と乏精子症の人におすすめ

体外受精と同様に、それぞれ卵子と精子を採取し受精を体外で行いますが、体外顕微鏡で見ながら、卵子の中に精子を注入し受精させる方法のことをさします。

体外受精でも妊娠できない場合や、精子減少症・乏精子症の場合などに適応となります。こちらも卵子を育てる方法によって費用は異なりますが、大体30~50万程度で受けることができます。

凍結胚移植は受精卵を1度凍らせ保存する方法

凍結胚移植ですが、体外受精や顕微授精をし受精した受精卵を一旦、凍結し排卵のタイミングに合わせて子宮に移植する方法をさします。特に体外受精などで、多くの薬を使いすぐに受精卵を戻せない場合や、1度に多くの卵子を採卵した場合などは、この方法を利用することがあります。費用は大体13万円前後で受けることができます。

高度生殖医療は一般不妊治療と違い多くの費用がかかる

このように高度生殖医療は、一般不妊治療と違い多くの費用が必要となります。

その場合助成金の支給の対象となります。

しかし年齢や治療回数の限度はありますので厚生労働省などのホームページで確認が必要となります。

このように不妊治療といっても、治療の種類は様々です。そして治療によっては費用も多くかかる場合もあります。

そのため夫婦と主治医とで十分に話し合い自分に合った治療を受けることが大切です。その上で受診する病院選びはとても重要だといえます。

不妊の原因や婦人科はたくさんあるのでまずは相談

たくさんの婦人科は存在しますが、総合病院の婦人科・一般的な婦人科クリニック・不妊専門クリニックなど様々です。それぞれの病院がどの程度の不妊治療まで行っているか、不妊専門の医師がいるかによっても選択される治療法や費用なども大きく異なる場合があります。

また自分の受けたい不妊治療法があったとしても、やっていない場合もあるので事前の情報収集は大切です。もし現在不妊治療を受けるか悩んでいる方がいれば、今回の不妊治療の種類や内容を参考に1度、婦人科に受診してみてはいかがでしょう。

まとめ不妊治療の種類と違い

不妊の原因が特定されれば、その原因に合わせた治療を行うことができ、自然妊娠よりも早く妊娠する可能性は高まります。

女性の妊娠率は30歳くらいを境目に低下傾向にあります。そう考えると不妊治療を早めに始めることも妊娠するためには重要です。迷っているのであれば、まずは受診し検査を受けてみてはいかがでしょう。