足の裏がチクチクズキズキ痛いのは坐骨神経痛かも

スポンサーリンク

足の裏がチクチクズキズキ痛いのは坐骨神経痛かも

運動をしていない、ころんでもいないのに足の裏がチクチク痛い。土踏まずや足の親指など痛いときどんな原因があるかご紹介します。

「あれ、足の裏が痛い・・・。」ある日突然、以前は感じたことがないチクチクした痛みを足の裏に感じて、このサイトを見ている方は多いのではないでしょうか?

「何日か我慢すれば痛みも治まるはず。」と思っていたのに、ぜんぜん良くならない・・・。それどころか日に日に痛みが増している気がするというかた。

「歩き過ぎが原因かもしれない。しばらく歩く量を減らしてみよう。」と思って気をつけているのに、痛みが引いていかないというかた。

その足の裏の痛みは、何が原因で生じているのでしょうか?

足の裏の土踏まずや親指が痛む原因は?

土踏まずや足の親指の付け根が痛い場合は、外反母趾や扁平足など、足の形の悪さが痛みの原因となっている場合が多いです。

この場合はチクチクとした痛みというよりは、骨にズキズキッとした痛みがあったり、筋肉が疲労したような痛みを感じる場合のほうが多いのが特徴です。

痛みを軽減するための方法としては、市販で外反母趾や扁平足用のさまざまな対策グッズが売っているので、それらを購入して足の負担を軽減することもできます。

しかし外反母趾でも悪化してしまうと歩けなくなってしまうことがあります。ですから痛みが強い場合は病院に行き、医師に一度診てもらうのも良いでしょう。外反母趾がひどい場合には、手術をすすめられることもあります。

足のかかとが痛い原因は足底筋膜炎かも

次に、足のかかとを中心に痛みを感じる場合についてです。この場合は足底筋膜炎の場合が多いです。足底筋膜炎は筋肉が炎症を起こして断裂しているような状態なので、歩こうとした瞬間、足の裏に痛みを感じます。足底筋膜炎は筋肉の使いすぎが原因で生じる病気なので、痛みが自然になくなるまでは足の裏の筋肉に負担がかかるようなことを控えるようにしましょう。

ある日突然足の裏が痛くなった場合、上記のように外反母趾や扁平足、足底筋膜炎の場合が多いのですが、他にも足の裏が痛む原因はあります。
その他の原因として挙げられるものに、坐骨神経痛や痛風、水虫、糖尿病などがあります。

ここでは坐骨神経痛が原因で生じる足の裏の痛みについてご説明していきたいと思います。

坐骨神経痛とはずっと足の裏が痛いときに疑って欲しい

「腰が痛いと思っていたら、ある日突然足の裏にチクチクとした痛みを感じるようになった。」

そのような場合、坐骨神経痛の可能性が考えられます。坐骨神経痛とは臀部や下半身に痺れを感じて、突っ張った感覚になることが特徴として挙げられます。

坐骨神経痛が現れてしまったとき、からだの中では何が起きているのでしょうか?
私たちのからだの中には、「椎間板」というクッションの役目をしてくれる部位があります。通常、椎間板は脊椎と脊椎の間におさまっているのですが、坐骨神経痛が生じているからだでは、この椎間板がはみだしてしまっています。はみだした椎間板が坐骨神経を圧迫してしまい、坐骨神経痛を発症するのです。

坐骨神経痛のセルフチェック

まず、坐骨神経痛かどうかをご自身でチェックしてみましょう。

  • 前かがみになったり、からだを反ったときに痛みはありますか?
  • 足の裏がチクチクしたり、お尻や太ももの裏側、ふくらはぎなどにかけて痛みはありますか?
  • 腰を動かそうとしたら、足の痛みが増しますか?
  • 安静にしているときでも足や臀部に眠れなくくらいの痛みを感じることはありますか?

これらのいずれかに当てはまるものがあったときは、坐骨神経痛の可能性が考えられます。

坐骨神経痛の初期の症状としては自覚しにくい場合が多く、腰やでん部にちょっとした痛みを感じるところから始まります。痛みの出方が日によって異なるので「気のせいかな。」と思って見過ごしがちです。

そのまま放置してしまうと、徐々に痛みの感じ方が増していき、そのうち太ももの裏側やひざなどに痛みを感じ、足の裏まで痛みを感じるようになってしまいます。痛みが強くなってしまうと、酷い場合は歩けなくなってしまう場合もあります。

坐骨神経痛になってしまったら?

坐骨神経痛になってしまった場合、さまざまな治療法が考えられます。病院で治療をする場合と、整体院に通って治療する場合で行える治療法が異なってきますので、ご自身に合った方法を見つけて治療をするようにしましょう。主な治療法は以下のようになります。

  • コルセットなどを使用して安静にする。
  • 痛みを抑えるための鎮痛薬を使用したり、局所麻酔を注射して痛みを抑える。
  • リハビリに通い、弱っている筋肉を強化する。
  • 手術を行う。

坐骨神経痛についてまとめ

ここに記載した坐骨神経痛の症状や治療法は一例です。足の裏の痛みの原因が痛風や糖尿病だった場合は、早期発見早期治療が症状を悪化させないために重要になります。
その他の病気の可能性もゼロではありません。

いずれの場合でも医師の指示にしたがい適切な治療をする必要があります。

ですから少しでもおかしいと思った場合には、自己診断のみで終えてしまうのではなく、病院に行き医師の診察を受けるようにしてください。

あなたにおすすめの記事

皮膚がピリピリ痛い原因は帯状疱疹かそれ以外の大きい病気かも

肩が痛い!四十肩・五十肩の治し方簡単ストレッチ治療法でリハビリを