夏の紫外線は冬の2倍!日焼け止め対策はどうすればいいの?

スポンサーリンク

夏の紫外線は冬の2倍!日焼け止め対策はどうすればいいの?

夏の紫外線の量は冬の2倍もあるということをご存知でしたか?具体的な数字を知らなかった方や、日中は室内にいるから紫外線対策は特にしていない人も窓から紫外線はたくさん入ってきています。ここでは、夏の紫外線対策についてご紹介したいと思います。

夏の紫外線は冬の2倍!だから皮膚がヒリヒリ痛くなる

寒くて日照時間の短い長い冬が終わり、過ごしやすい気候の春が来たと思っていたら、すぐに暑い夏になってしまいます。

夏の日差しにあたるとすぐにお肌が痛くなってしまったり、痛みがなくてもすぐに黒く焼けてしまうので、冬に比べると確実に紫外線が強いということは想像がつくのではないでしょうか。最近では春が短く冬から夏に一気にかわります。

だからこそ、紫外線対策は早めに行ったほうがいいわけです。

「夏は暑いからほとんど室内で過ごしている。」というかた、紫外線対策をしていますか?

「外にいるのは朝と夜くらいで、日中は室内にいるから紫外線対策は特にしていない。」というかた、安心していてはシミやそばかすの原因になりますよ

紫外線対策の日焼け止めについて

紫外線対策といえば、誰もが思いつくのは「日焼け止め」ではないでしょうか。中学生や高校生から日焼け止めを塗っていたというかたも多いと思いますが、最近では生まれたての赤ちゃんでも使えるような日焼け止めが売っています。

日焼け止めの種類は本当に多くて、ジェル状のものや、スプレーになっているもの、乳液やクリーム状になっているものもあれば、ファンデーション自体に日焼け止めの成分が入っているものもあります。多すぎるとどれを使えばいいか分からなくなってしまいますよね。

そこで、それぞれどのような特徴があり、何がおすすめなのかについてご紹介したいと思います。

ジェル状の日焼け止めは全身や手足に

ジェル状のものは、伸びやすくて肌触りが軽いという特徴があります。ですから、全身に使用したい方や、付け心地がいいものが好きな方にはおすすめです。

日焼け止めを手や足に日常的に使用する場合、ジェル状の日焼け止めは付けたときに少しひんやりして気持ちがいいので、夏には特に使いやすいと思います。

スプレー状の日焼け止めは化粧後の顔にも使える

次にスプレー状のものについてですが、スプレー状のものは制汗剤と同じようなイメージです。

使う部位は制汗剤とは異なるのですが、手軽にどこでも使えるという点は共通しています。

スプレー状の日焼け止めの場合は、お出かけ前に髪の毛や腕、足などにシュッと吹きかけて使用します。

お化粧をした後でも、顔に吹きかけて使えるので、「お化粧直しをせずに、日焼け止めを一日何度も付けなおせる。」という手軽さと便利さが特徴です。夏は顔も汗をかいてしまい、日焼け止めが落ちやすいですよね。ですから、何度でも気軽に付け直せるスプレーは顔の紫外線対策に特におすすめです。

乳液やクリーム状の日焼け止めは赤ちゃん用もある

乳液やクリームの日焼け止めは、ジェル状のものと同様で伸びやすいので、肌に馴染みやすという特徴があります。

さらに乳液やクリーム状のものは、肌に負担がかかる成分を除去しているものが多いのも特徴です。たとえば、赤ちゃん用の日焼け止めは、クリーム状のものが主流です。ですから、敏感肌のかたやお肌に負担をかけたくないかたには、乳液やクリーム状の日焼け止めはおすすめです。

ファンデーションが日焼け止めの効果はSPFで選ぶ

ファンデーションと日焼け止めが一体化したものは、女性の方にはかなり便利です。

SPFも20くらいのものもあれば、SPF50くらいのものまであります。

一般的なジェル状の日焼け止めや、クリーム状の日焼け止めを塗るのが嫌いなかたは、お化粧をするだけで日焼け対策が出来るので、ファンデーションにUVカット機能があるものを使いましょう。

日焼け止め以外の紫外線対策

それでは日焼け止め以外に、夏の紫外線対策として他にどのようなものがあるかご紹介します。

日傘は最近では女性だけでなく男性用も

街中を歩く女性の多くが日傘を使っていますよね。最近では男性用の日傘も売っているので、男性でも日傘をさしている人をみかけるようになりました。

日傘は安いものは500円くらいから売っています。しかし、できれば少し値段は高くなってしまいますが「UVカットをする裏地つき」のものを使いましょう。

雨天と兼用のものも多く2500円~3000円くらいで購入することが出来るので、1年中使うことができます。裏地付きのもののほうが暑さを感じにくく、より紫外線をカットしてくれるので安心して使うことができます。

手の甲から肘までの腕カバー

腕カバーと聞くと、少し年配の方が使っているイメージの方もいるかもしれません。

ですが、最近では100円ショップなどでも購入できるので、紫外線からお肌を守るためには年齢関係なく使用していただきたいと思います。

特にベビーカーなどを使用している方は日傘を使えないので、腕カバーを使用しないと数日で腕が真っ黒に焼けてしまう可能性があります。

日焼け止めを塗っていても100パーセント紫外線をカットできるわけではないので、腕カバーも使用することをおすすめします。

松の紫外線対策や日焼け止めの方法のおすすめ

夏の紫外線対策は、日焼け止めの使い方にも注意が必要です。

「日焼け止めを朝塗ったから大丈夫。」と安心せずに、一日に何度か塗りなおしをしましょう。

朝に塗った日焼け止めは、2~3時間もすれば汗で取れてしまっています。

日焼け止めを正しく使い、さらに日傘や腕カバーなどの日よけグッズを使用して、しっかりと夏の紫外線対策をしましょう。

仕事でも使える紫外線対策のおすすめ化粧品の口コミ

あなたにおすすめの記事