日焼け後のアフターケア対策は乾燥を防ぐ潤い補給

スポンサーリンク

日焼け後のアフターケア対策は乾燥を防ぐ潤い補給

日焼けを気にするひとは、夏の間必ず日焼け止めや日傘などを利用して、日焼け対策を徹底的に行っていますよね。それなのに100%は日焼けを避けられず、気が付いたら肌の色が少しずつ赤くなっていたり、茶色くなってしまうことがあります。
ここでは夏に日焼けをしてしまったら、その後どのようにお肌をケアすればよいのかについてご紹介をしていきたいと思います。

日焼け後の対策の最初はお肌を冷水で!冷えすぎる氷は注意

日焼けをした後は、まず皮膚にこもった熱を取り除いてあげるようにしましょう。

まず帰宅をしたら冷たいシャワーを浴びて、熱を取り除きます。外出先であればタオルを冷やして日焼けをした皮膚の表面に当てて熱を取り除きましょう。

ここで注意をしていただきたいのは、氷や保冷剤などを使用する場合です。

氷や保冷剤は肌を冷やしすぎてしまい、低温ヤケドをしてしまう可能性があります。ですからこれらを使用するときは、直接肌に当てるのではなくて、ハンカチやタオルなどで覆って使用するようにしましょう。

日焼け後は感想でカサカサにお肌に潤いを与えましょう

お肌を冷やしたら、その後は保湿を行います。日焼けをした後のお肌は乾燥しやすい状態になっています。ですから、保湿を行うことも重要です。

一番おすすめの方法は、薬局などに売っているワセリンを使用することです。ワセリンはお肌の表面にしっかり膜を作ってくれて、さらに刺激もほとんどないので体のどの部位でも使用できます(目の周りは、目に入ると良くないので念のため使用を控えましょう)。ですから日焼け後のお肌の保湿にワセリンは最適です。

ここでご注意いただきたいのは、使用するワセリンは「純度の高いワセリン」です。あまりにも安いワセリンだと、純度が低く、ワセリンを塗っている部分が日焼けをしやすくなってしまうそうです。

ワセリンを手に入れる方法として一番良い方法は、皮膚科に行きワセリンを処方してもらうことです。皮膚科で処方してくれるワセリンは純度が高いので、日焼けの原因にはなりません。

アマゾンで人気ナンバーワンの赤ちゃんにも使えるワセリンを紹介しておきます。

市販の化粧品でも日焼け後の保湿をしよう

日焼けがそれほどひどくない場合、ドラッグストアなどでスキンケアをできるコスメを購入する方は多いですよね。しかし、種類が多すぎてどれを購入すればよいか迷ってしまうかたは多いと思います。

ですからここでは、薬局でも手に入るお手ごろ価格のお化粧品をご紹介したいと思います。

日焼けをした後のお肌におすすめのコスメは「肌美精」です。肌美精には乾燥からお肌を守るための「うるおいケア」ができる成分がたくさん入っています。うるおいケアをするための成分の中身は米ぬかやゆずのエキスなので安心です。

ほかにも美白有効成分として「トラネキサム酸」という物質をしようしていて、これはシミケアに有効な成分なので、日焼けをした後のお肌の美白対策にもなります。

肌美精を実際に使用している方の口コミをみると、忙しい朝は肌美精の「オールインワンジェル」という種類を使用すれば、それだけでお化粧ノリが良くなるので充分だということでした。

お化粧水を塗ってから、乳液を塗って、ローションを塗って・・・とたくさんやらなくてはいけないことがあると、面倒になってしまいますが、オールインワンジェルだけでケアが済むので忙しい方にはおすすめの化粧品です。

重度の火傷の日焼けのケアは?水ぶくれやかゆみに湿疹

次に過度な日焼けをした場合についてご説明します。

過度なヤケドをすると皮膚に水泡ができてしまうこともあります。なぜそのような状態になってしまうかというと、日焼けをするということは「お肌に熱がこもり軽いヤケドをしたときのような状態になる」ということだからです。

水泡ができるほどの日焼けになるとヤケドの程度でいうと「二度の熱傷」に分類されるので、自己判断でケアをせず、皮膚科に行き医師の診断を受け薬をもらうようにしましょう。

夏の日焼け止め対策に絶対はない!

顔は日傘やファンデーションなどで日焼けを最小限に抑えられたとしても、腕や脚、手の甲、足の甲、デコルテなどは日焼け止めを塗り忘れたり、日傘からも出てしまいやすい部位なので、気が付かないうちに少しずつ日焼けをしてしまう方が多い部位です。

ですから夏の間、毎日気が付かないうちに紫外線に当たってしまい、秋になる頃には、「今年は気をつけたはずなのに、また今年も焼けちゃった・・・。」と思うかたが多いのは仕方がないことだと思います。

つまり、日焼け対策をしていても、ある程度日焼けをしてしまうことは誰にでもあることです。

日焼け後のケアが大事

大事なことは、日焼けをしたあとにそのまま放置をしてしまうのか、それともきちんとケアをするのかということです。

ケアをするかしないかでその後のお肌の劣化速度は変わってきます。

手の甲や足の甲は、小さなパーツで見落としがちですが、日焼けでシミができてしまったりシワっぽくなってしまうと一気に歳をとった印象になってしまう部位なので、面倒だと思ってもきちんとケアをしていただきたいと思います。

日焼けが酷いなと思ったらすぐ皮膚科などのお医者さんに通ってくださいね

あなたにおすすめの記事