タンポンの使い方と初心者やおすすめする理由と注意点

スポンサーリンク

タンポンの使い方と初心者やおすすめする理由と注意点

大事な身体の仕組みとはわかっていても、憂鬱になるのが生理というもの。痛みや身体の怠さといった不調だけでなく、衣服などを汚す可能性だってあります。そんなときにおすすめしたいのがタンポンです。今回はタンポンの使い方と魅力・気をつける点についてご紹介します。

タンポンが不安な理由はよくわからないから

  • なんかよくわからないけど、身体の中に入れておいて大丈夫なの?
  • ただでさえ生理で痛いのにそんな痛そうなこと出来ないから

そんな声が聞こえてきそうですが、実際に行ってみると案外違和感がないものでだからこそ他の女性も続けることが出来ているのです。

タンポンをおすすめするのは生理中でもナプキンより便利

同じ生理用品でも、タンポンとナプキンを比べて喜ばれる特徴にこれらのものが挙げられます。このように、タンポンは生理中でも楽しんで過ごしたい女性の強い味方になっているのです。

  • アウターに響かないから好きなだけオシャレを楽しめる
  • モレやズレ・かぶれ等を気にせず過ごせる
  • ニオイが気にならない
  • 海や温泉、プールにも入れる
  • 小型で持ち運びに便利

そもそもタンポンってどんな生理用品なの?

タンポンは、身体の中で経血を吸収する生理用品です。指先サイズの吸収体で経血を吸い取るものであり、経血を止めるものではありません。

タンポンにも種類がありますが、今回は初心者にもおすすめのアプリケータータイプを中心にご紹介していきます。

タンポン初心者におすすめはアプリケータータイプ

アプリケータータイプのタンポンは大きく2つの構造になっています。

  • 身体の中で経血を吸収し、取り出す際に引っ張るための紐がついた吸収体
  • 吸収体を体内の正しい位置に導くアプリケーター

膣内には違和感のある部分とない部分があり、タンポンは違和感のない部分に挿入することで不快感もなく過ごすことが出来るのです。

どうやってタンポンを使えばいいの?

まずは手をしっかりと洗って個包装からタンポンを取り出し、ヒモとアプリケーターの損傷などがないか確認してください。

姿勢を選ぶ立って行っても、座って行っても構いません。大事なのは身体の力を抜いてリラックスすることです。

タンポンを持つアプリケーターのギザギザとした部分を親指と中指でしっかりと持ち、白い筒の先端を自分の身体側に向けます。反対側の手を使ってタンポンを入れる膣口の周りを開き、白い筒の丸い先端を膣口に当てます。

挿入する白い筒のギザギザ部分を持った指が膣口に当たるまで入れます。息を吐きながら、リラックスして入れましょう。次に、人差し指の腹で透明な筒を押します。ギザギザ部分を持った指を身体に当てたまま透明な筒を押しきると、吸収体が正しい位置に入ります。

取り出す身体の外に出ているヒモを引っ張ってタンポンを取り出します。息をはきながら体の力を抜いて引き出してください。

トキシックショック症候群(TSS)について

TSSとは敗血症の一種です。まれな病気ですが、老若男女にかかわらず誰でもかかる可能性がある病気です。

症状の一部は重症のインフルエンザに似ており、次のような症状が現れます。例:急な発熱、吐き気、日焼けのような発疹、失神、筋肉痛、めまい、意識の混濁、下痢など
TSSとタンポン使用の関連性ははっきりとは分かっていませんが、タンポンを使用している女性に発病したTSSの場合、タンポンの吸収性が要因であるといわれています。

タンポンで気をつけたい吸収力と生理期間

そのため、気をつけていただきたい大事なことは、経血量に合った吸収量が最も少ないタンポンを常に使用する、生理期間中は、タンポンの代わりに生理用ナプキンやパンティー・ライナーを時々使用する。の2点です。

TSSの疑いがある場合はすぐに婦人科医師などにかかりタンポンを使用していたことを伝えてください。TSSは早期発見することで治療可能といわれています。

まとめタンポンの使い方とナプキンよりも便利な点取注意点

如何でしたか?一見聞いただけでは痛くて怖そうなタンポンですが、しっかりと使い方を把握することで不安は大分少なくなるかと思います。

タンポンを使うとき注意することはとにかく衛生的に使用すること使用する時間をしっかり守ることタンポンだけでなく、生理用ナプキンなども併用するところが重要になってきます。

どんなものにも良いところがありますし、逆に気をつけないといけない点も存在します。便利だからといって誤った使い方をしてしまうことで重篤な危険にあうこともありますので、しっかりと正しい知識を身につけて自分の身体を守りましょう。

あなたにおすすめの生理に関する記事