子宮筋腫の症状や原因と手術や検査について

スポンサーリンク

子宮筋腫の症状や原因と手術や検査について

女性特有の病気の子宮筋腫、実は3種類の病気です。そこで今回は子宮筋腫の症状や検査や手術の内容について世の多くの女性たちに検診の大切さを伝えたいと思います

近年、多くの女優さんたちがメディアを通じて、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫や子宮がん、卵巣がんや乳がんなどに罹患したことをカミングアウトしています。

このことは、世の多くの女性たちに検診の大切さを伝えるという意味で、とても意義あることだと思います。今回は、女性特有の疾患の一つである子宮筋腫についてご説明させていただきます。

子宮筋腫とは整理がある限り再発する病気

赤ちゃんを育てる子宮の壁は、平滑筋という伸縮性のある筋肉でできています。

そこにできた良性の腫瘍のことを私達は子宮筋腫と呼びます。この腫瘍は、もともとこの平滑筋の細胞が異常に増殖したものなのですが、現段階では、その増殖の原因は不明とされています。

女性の中には、子宮筋腫ができやすい人もいれば、まったくできない人もいることから、生まれつきの体質も関係していると考えられています。

また、月経が始まってから筋腫が子宮内にできてくることから、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの影響により、子宮内にできた筋腫が成長していくのではないかと言われています。

したがって、一度手術で筋腫を摘出したとしても、月経がある限り、また筋腫ができて育つということはよくある症例だということを覚えておいてください。


3種類の子宮筋腫の症状

この子宮筋腫は、子宮内にできると思われがちですが、実はできる場所は、3ケ所になっています。

まずは、子宮の筋肉の中に筋腫ができる①筋層内筋腫で、これを患う患者数が一番多いといわれています。

次に子宮の外側に筋腫ができる、しょう膜下筋腫。

症例は少ないものの、子宮の内側にできるため、症状が一番で安く発見しやすい

粘膜下筋腫というものがあります。

筋層内筋腫と漿膜下筋腫に関しては、自覚症状があまりなく、筋腫が大きくなっても太ったのかな?と思い違いする人もいるほどで、よく見過ごされることが多いと言われています。

粘膜下筋腫は筋層内筋腫と漿膜下筋腫に比べて、子宮筋腫の症状である長期月経月経過多月経痛貧血といったものが現れやすいという特徴があるため、女性自身が不安に思ったり疑問に感じ、婦人科受診するため、表面化しやすい(発見しやすい)病といわれています。

子宮筋腫の症状は生理が続いたり圧迫感がある

先にあげたように、いつまでもダラダラと続く長期月経やレバー状の血の塊が出たりする月経過多に伴って、鉄分の不足により貧血の症状を起こす人が多いと言われています。

また、月経時に子宮筋層の収縮が起こるため痛みを感じる女性もいらっしゃると思いますが、子宮筋腫があることにより強い痛みが引き起こされることもあります。

この痛みを子宮筋腫変性と呼びます。

こういった症状のほかにも、圧迫症状というものがあります。

これは、筋腫が膀胱を圧迫することにより排尿障害を起こしたり、直腸を圧迫すれば便秘を引き起こし、骨盤周辺を圧迫することで腰痛の原因になることもあります。

しかしながら、これまでにあげた症状だと、自分が子宮筋腫に罹患していることに気づかない女性もいます。

そんな中、意外と不妊治療で病院を訪れた際に、子宮筋腫であったことが初めてわかる人も最近多くなってきています。

実は、筋腫があると、子宮内膜が萎縮したり、薄くなったり厚くなったりして子宮内に受精卵が着床しにくくなる場合があるといわれています。

不妊に悩んでいる方は受診して、筋腫の存在の確認をしてもらうのも一つかもしれません。

子宮筋腫の検査と手術すぐに子宮鏡検査でわかる

子宮筋腫の有無は、内診や子宮鏡検査で、すぐにわかります。

手術に関してですが、患者さんの日常生活に支障があるかが判断基準として一つの目安だと思います。

実際に、筋腫が大きくても、痛みや貧血といった酷い症状が出なければ、経過観察をして閉経まで待つ場合もあります。

反対に、例え筋腫が小さくても、出来ている筋腫の位置が妊娠の妨げになる場合や日常生活に支障をきたすような症状が出ている時などは、手術を行なうこともあります。

手術を検討する場合は、より詳しいMRIやCTといった画像診断が検査として行なわれ、医師達によるカンファレンスの参考資料となります。

手術の方法も、かつて開腹手術、下からの摘出手術に加え、今は、ホルモン療法で約半年くらいかけて筋腫を小さくしてから行なう腹腔鏡手術もあります。

術法については、医師に希望を伝えることはできますが、実際に手術中に術法が急遽変更されることはあるということは心得ておいたほうがよいかもしれません。

子宮筋腫の症状や検査についてのまとめ

近年、女性は社会進出に伴い、多くのストレスを感じるようになってきています。身体の不調を感じても、無理をしながら戦っているひとも多いでしょう。

しかし、健康な身体あってこそ、全てが回ります。毎月ある月経は、健康のバロメーターとして気にかけるようにしてください。そして、少しでも不調を感じたら、医療機関を受診するように心掛けてください。

あなたにおすすめの記事